成年後見制度を利用すべき人とは

成年後見制度を利用すべき人

成年後見制度を利用すべき人とは header image 2

法定後見制度の種類別の特徴

2014年09月06日 · コメント(0) · 未分類

法的後見制度は、その判断能力の差により区分されています。

 
保佐とは、精神上の障害により物事を弁識する能力が著しく不十分であるとして、保護する制度です。保護される側が保護する側の同意を得ずに為した法律行為は、取り消すことができます。例えば、不動産その他高額な財産を処分することなどがその対象になります。

 
補助は、保佐よりも程度は軽いながらも、援助が必要とされ、保護される制度です。審判により決められた法律行為について、被補助人の同意を得ずに為した法律行為は取り消すことができます。

 
取り消しが為されると、はじめから無かったものとされます。何かの契約を交わした場合、その契約は契約締結の当初に遡って取り消されるため、契約の相手方は取引によって利益を得ていた場合は、それも含めて返却する必要があります。

 
いずれも、保護開始には家庭裁判所の審判が必要とされます。また、被保佐人などの保護する側には「追認権」があり、保護する対象にとって有益と認められる場合には、その行為を追って認める権利もあります。追認すると、それを取り消すことはできません。法定追認という制度もあり、明らかな追認の意思表示をしていなくても、一部でも債務を履行すれば追認とみなされるので、慎重さが必要と言えます。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。