成年後見制度を利用すべき人とは

成年後見制度を利用すべき人

成年後見制度を利用すべき人とは header image 2

どのようなときに登記事項の証明書・登記されていないことの証明書を利用できるのか

2014年09月06日 · コメント(0) · 未分類

本邦の民法制度には成年後見制度というものがありmす。成年後見制度とは認知症や知的障害者、精神障害者等判断能力が十分でない人たちに対し、自身の財産の処分や管理、売買やサービス授受の契約を行ったりするのが困難な場合に保護することを目的に作られた制度です。保護するとは悪徳業者からの勧誘にだまされて高額物品を売りつけられたり不当な取引を余儀なくされた場合に、あらかじめ家庭裁判所によって選任され、登記をうけた成年後見人がその取引を取り消すことができるというのが主たる内容です。

 
一方このような制度が適用されている人と売買契約等を結ぼうとする取引相手方が安心して取引に入ることができるように、取引開始時に登記事項の証明書・登記されていないことの証明書を提示することが取引を円滑にすすめるためには大切なことになります。

 
この証明文書は法務局に交付申請を提出することで入手可能ですが、申請できるのはプライバシー保護の観点から、本人やその貢献代理人等、本人に近い立場にある人に限られ、取引の相手先であるという理由では交付申請できない制度になっています。

 
この文書には成年後見人が誰か、取り消し等できる権限がどこまであるのか等の記述があり、具体的にどこまで取引できるのか相手方に理解してもらえ、お互い納得のうえで取引に入ることができます。”

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。