成年後見制度を利用すべき人とは

成年後見制度を利用すべき人

成年後見制度を利用すべき人とは header image 2

後見を受けるときに注意すべきポイント

2014年09月06日 · コメント(0) · 未分類

病気や事故などが原因で、判断能力が不十分になった人のために家庭裁判所が援助者を選び、その人を保護する制度のことを「成年後見制度」と言います。これは、判断能力の程度により3つの種類に分けられています。

 
選ばれる人は、その人の親族がなるという場合もあれば、社会福祉士や税理士などの専門家がなるという場合もあります。なお、家庭裁判所の判断に対する不服申立ての規定はありません。また、専門家を選択した場合には、報酬を支払う必要があります。

 
審理に要する期間は、種類にもよりますが1~3ヶ月程度とされています。ただし、これは目安でありすべての人に当てはまるものではありません。

 
この審判を受けた場合には、社会生活にいくつかの制限が加わることになります。例えば、印鑑登録を行っていた場合には、印鑑登録の抹消、医師や税理士などの資格、会社役員の地位剥奪も行われます。預金通帳や有価証券、不動産などの日常の財産管理などは、自分で行うことが出来ず、選ばれた人が管理・保管を行うことになります。本人の財産から支出があった場合には領収書を保管し、使途を明確に金銭出納帳に記載することとなります。選ばれた人は家庭裁判所などから求められた場合には、速やかに報告する必要があります

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。