成年後見制度を利用すべき人とは

成年後見制度を利用すべき人

成年後見制度を利用すべき人とは header image 2

誰が登記事項の証明書・登記されていないことの証明書の交付を請求できるのか

2014年09月06日 · コメント(0) · 未分類

精神的に障害の持った方にとっては、社会生活を送る上でさまざまな困難があります。例えば痴呆症の等に対して、悪質な業者によって無理な契約や高額な商品購入を強要されることがありトラブルになります。こうしたトラブルを解決するには、第3者による支援が必要です。そのための制度についてこれから簡単に見ていきます。

 
判断能力が欠けているために、健全者が普通にできることができなくて、日常生活を送るのにも大変な、こうした精神障害者の方たちを保護して支援する国の制度があります。それが成年後見制度というものです。さらに、この制度を利用している精神障害者の方を支援している方(後見人と呼びます)が支援していることを証明する書類のことを成年後見登記制度と言います。

本08
こうした登記事項の証明書を請求できるのは、プライバシー保護の観点から本人や親族、そして後見人の方のみに限られます。なお本人から委任された代理人でも可能ですが、その際は委任状を提出しなければなりません。こうした、成年後見人の権限、契約内容を法務局のコンピューターシステムで登記、証明書を発行することによって契約の安全な取引ができるようになり、何かの契約がある場合はこうした書類を発行することによって障害者の方がトラブルなくスムーズに社会生活を送ることができるようになります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。