成年後見制度を利用すべき人とは

成年後見制度を利用すべき人

成年後見制度を利用すべき人とは header image 3

成年後見制度を利用すべき人とは

成年後見制度とは知的障害や痴呆症、精神障害等により自らで判断を下すことができなくなった人に対してのサポートを行う制度のことを指します。この制度を利用することで、このような精神上の障害がある人が不利益を被ることを防ぐことが可能となり財産管理をしてもらうことができるのです。これと同時にココも参考になります。普段あまり気にしない保証のことも頭にいれて安心したいですよね。
 
 
この制度を利用するためには家庭裁判所に申し立てを行うことが必要となりますがこの時には申立書のほか申立人の戸籍謄本や診断書、登記事項証明書が必要となります。またこの申立者の候補者がいる場合にはその候補者の戸籍謄本や住民票、身分証明書や登記事項証明書を準備しなければなりません。
 
 
この登記事項証明書とは法務局が発行する証明書のことであり後見開始の審判等を受けていないか、あるいは受けているかを確認するためのものです。さらに本人に関する報告書があれば、良いとされています。
 
 
成年後見人が選任されたからと言ってすべての行為が制限されるわけではないので、残存能力を活用して普段の買い物をする程度のことは本人が普通に行うことができます。
 
 
成年後見人には取消権があるので、もしもその申立人が訪問販売等の詐欺にあった場合であってもその契約を取り消すことが可能となります。